資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

実は巨大な火山だった北アルプスの成り立ち=鎌田浩毅

    日本のアルプス/2 かつて巨大な火山だった「北」/65 

     日本でも屈指の3000メートル級の山岳地帯である北アルプスは、かつて巨大な火山だった。北アルプスの最高峰は標高3190メートルの奥穂高岳で、富士山、南アルプスにある北岳に次いで日本で3番目に高い山である。

     北アルプスが南アルプスや中央アルプスと異なる点は、火山の存在である。活火山と認定された立山や焼岳があるだけでなく、雲ノ平などの溶岩台地が基盤をなしている。さらに「巨大噴火」の産物も山岳を作っている。実は、登山家に人気の槍(やり)ケ岳や穂高連峰は、高温の火砕流でできた火山岩なのである。さらに、これらの西にある笠ケ岳も大噴火によってできた。

     槍ケ岳・穂高連峰では「溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)」と呼ばれる岩石が露出している。軽石や火山灰として大量に空中へ放出されたものが、再び溶岩のように硬く固まったものである。セ氏900度を超える高温のマグマが、時速100キロという高速で地上を流れ、数十キロの範囲を埋めつくした。

    残り826文字(全文1269文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事