資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

プレートがダブルで高山形成=鎌田浩毅

    日本のアルプス/3 プレートがダブルで高山形成/66

     前回まで南アルプスと北アルプスの地質について説明してきたが、日本列島の中央にこのような高い山脈がなぜできたのかを考えてみよう。結論としては、地表を覆うプレート(岩板)の移動が引き起こす地殻変動「プレート・テクトニクス」の結果であり、南北アルプスは驚くほど隆起率が大きいのである。

     現在、南北アルプスをなす中部山岳の下には、フィリピン海プレートと太平洋プレートという二つのプレートがゆっくりと沈み込んでいる(図)。かつて海だった南アルプスをここまで隆起させたのは、フィリピン海プレートが絶え間なく押し続けてきた力である。

    残り1071文字(全文1357文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事