教養・歴史アートな時間

世界的な「演劇の聖地」から新たな価値観を発信=濱田元子(舞台)

    「世界の果てからこんにちはⅠ」=SCOT提供
    「世界の果てからこんにちはⅠ」=SCOT提供

    舞台 SCOTサマー・シーズン2021 世界的な「演劇の聖地」 新たな価値観を発信=濱田元子

     地方創生が叫ばれて久しいが、東京中心は相変わらず。だが、昨今のコロナ禍は、文化芸術を含めさまざまな機能が集中する都市部がいかにパンデミックという事態に脆弱(ぜいじゃく)かをあぶり出したのではないか。

     演劇のあり方だけでなく、社会システムが問われている。そんななか、富山県南砺市利賀村を拠点にする演出家・鈴木忠志主宰の劇団SCOT(Suzuki Company of Toga)の活動が、文化芸術を軸にした地域振興、社会事業の場として改めて注目されている。

     鈴木が、東京一極集中に異を唱えて利賀に移ったのは45年前。標高約600メートル、冬は雪深い過疎地を「国際化した広場に」との思いから、行政の協力も得て環境整備が進められてきた。

    残り1021文字(全文1383文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事