【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

89歳・山田洋次監督健在。松竹100周年記念映画を楽しむ=野島孝一(映画)

映画 キネマの神様 亡き志村けんから沢田研二へ 松竹100周年記念映画に浸る=野島孝一

 原田マハの小説が原作。山田洋次監督が松竹映画100周年記念作品として撮った。松竹は1920年に松竹キネマ合名社として設立され、蒲田撮影所が開所した。この映画は、撮影開始後の昨年3月、主演の志村けんが新型コロナに感染して亡くなり、急きょ、沢田研二に切り替えて撮影を再開したいわくつきの作品だ。

 かつて映画監督を目指したが、挫折した男・円山ゴウの現在を沢田研二、過去を菅田将暉が演じている。ギャンブル好きで借金まみれの現在のゴウは79歳。妻の淑子(よしこ)(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)はふがいないゴウに愛想を尽かし、歩はゴウのカードを取り上げてしまう。仕方なくゴウは、いきつけの名画座で油を売る。館主のテラシン(小林稔侍)は、ゴウが映画会社で助監督をしていたころから撮影所の映写技師として…

残り820文字(全文1209文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事