マーケット・金融

「商売のまねごとが最良の金融教育」藤野英人氏インタビュー=白鳥達哉

    オランダの「キングス・デー」では、子どもが価格交渉をする一場面も VLIET
    オランダの「キングス・デー」では、子どもが価格交渉をする一場面も VLIET

    インタビュー 藤野英人 勤労と会社の在り方に理解が必要 商売のまねごとが最良の教育

     レオス・キャピタルワークス創業者の藤野英人氏に日本の金融教育の問題点、そして自身がしかける子どもたちへの金融教育プログラムについて話を聞いた。

    (聞き手=浜條元保/村田晋一郎/白鳥達哉・編集部、構成=白鳥達哉)

     2022年度から使うとされる、ある公民・家庭科の教科書を確認したが、非常によくできていて素直に驚いている。

     特に感心したのは、「起業家」の話から解説が始まっていることだ。起業家の話から、資金調達に入っていき、さらに金融の話に移っていく。そういった作りの教科書はいままで見たことがなかったし、私の考え方にも合致する。

     一方で心配な点もある。まず載っている内容は私が5~10年くらいかけて深く理解したことだが、これが5〜6ページに凝縮されている。教科書としては、非常によくまとまっているが、お金のことについて本当に理解できるかといわれると、凝縮されすぎている。

     これらのことを踏まえると、教科書で教えたから金融教育が十分かというと、そうは思えないのが正直な感想だ。

    生活の変化による課題

     これは私見だが、「勤労」と「会社」の在り方というものを理解しないと、金融教育はうまくいかないのではないだろうか。会社の価値や会社に資金を融通したり、出資したりすることの意味が分からなくなるためだ。

     日本の金融教育は、「株式」というものを「会社の価値」や「勤労」と切り離してメカニカルに考えているという点が最大の問題だろう。

     また、生活の変化による課題も浮き彫りになってきた。

     海外には子どもの頃からお金について考える文化がある。たとえば、オランダのアムステルダムでは、毎年4月27日に「キングス・デー」というイベントが開催される(右写真)。言わば、大々的な「のみの市」で、家の中にある不要なものを引っ張り出して、軒先で売る。このイベントを目当てにロシアや英国、フランス、イタリアなどさまざまな国からお客さんがやってくる。欧州中のスリもやってくるといわれているほどの大イベントだ。

     そして、その売り手は子どもがやることが多い。なぜかというと、この日の売り上げの何割かがお小遣いになるから。子どもがお客さんと上手にコミュニケーションをとって、たくさん売ることができたら取り分が大きくなる。

     子どもたちは商品を見ている人がどこの国の人なのかうかがいながら、各国の言葉で話しかける。そして値段の交渉も行う。当然、値段が高いと売れ残ってしまうし、安くすれば売れても自分の取り分が減ってしまう。だから愛想良くしながら、少しでも多くのものを、少しでも高い値段で売ることを考えていく。

     私は、このキングス・デーで培う商売の魂こそがオランダの競争力の源だと思っている。そして、日本に足りないものでもある。

     昔は、日本も商店街にある肉屋とか魚屋…

    残り1434文字(全文2634文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事