国際・政治ワールドウオッチ

英政府観光局が国内旅行需要を喚起するキャンペーンを強化=酒井元実

    普段は多くの観光客でにぎわう夏のロンドン都心だが出足は今ひとつ 筆者撮影
    普段は多くの観光客でにぎわう夏のロンドン都心だが出足は今ひとつ 筆者撮影

    英国 リスク少ない国内旅行に注目=酒井元実

     英政府は日常からの脱出を促す「エスケープ・ザ・エブリデイ」という標語を打ち出し、国内旅行の需要喚起を積極的に進めている。コロナ禍で深刻な影響を受けた観光産業を復活させようというのが狙いだ。

     同標語によるキャンペーンは政府観光局にあたるビジット・イングランドが昨年9月に発表していたが、7月に示された新型コロナウイルス関連の制限措置の緩和を受けて、改めてPR活動を復活させた。…

    残り314文字(全文523文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事