教養・歴史書評

元「ニューヨーク・タイムズ」東京支局長が「日本の愛国」を分析=孫崎享

米国南部と日本に「敗戦国」の共通点を読む=孫崎享

×月×日

 マーティン・ファクラー氏は元『ニューヨーク・タイムズ』東京支局長で、日本滞在が30年に及ぶジャーナリストである。私も幾度かお会いしていて、2015年には彼との対談『崖っぷち国家日本の決断』が出版されている。

 その彼が『日本人の愛国』(角川新書、990円)を出版した。世界のどの国でも「愛国とは何か」は大問題だ。日本においてもこの問題を論ずれば、左右の激しい対立が起こる。外国人が「日本人の愛国」を論ずるときには、感情的反発を招く度合いは低く、それだけに、この本は貴重である。

 彼は「愛国」の問題を、興味深い切り口から始める。彼は少年時代をアメリカ南部のアトランタで過ごしている。ここで、彼は南部の人々の間で「南北戦争」の整理がついていないことを指摘する。彼は南北戦争の開戦の理由は「奴隷制度に対する方向性の違い」と指摘した上で、南部の人々の間では、(南部の人々が)戦った理由は、「南部の独自文化と社会構造を守ることと、その文化や社会を強制的に変えようとする強力な中央政府に抵…

残り866文字(全文1332文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事