教養・歴史書評

『日本金融百年史』 横山和輝著 ちくま新書 1100円

    『日本金融百年史』 横山和輝著 ちくま新書 1100円

     1920年代に起きた金融恐慌への対処は、平成のバブル崩壊と金融危機、それに続く経済停滞への政策対応でしばしば参照された。最たるものが高橋是清財政の成功であり、現在の異次元金融緩和の根拠ともなった。本書は、歴史の教訓と称する後世の言説が、時に成功や失敗の原因を一面的に捉えたものに過ぎないことを浮き彫りにする。統計分析であっても推定や解釈が伴う。歴史に学べと言われるが、大事なのはむしろ歴史に誤って学ばないことなのだ。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事