【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

中国がデータの取り扱いに非常に敏感になっている理由とは=真家陽一

中国政府はデータ流出を防ぐため「滴滴出行」への監視を強める Bloomberg
中国政府はデータ流出を防ぐため「滴滴出行」への監視を強める Bloomberg

「21世紀の石油」とも称され、デジタル経済の発展において必要不可欠なデータ。その取り扱いに関わる法整備が中国で急速に進められている。2017年6月から施行されている「サイバーセキュリティー法」に加え、今年9月から「データセキュリティー法」、11月からは「個人情報保護法」が施行される。中国政府はこれらの法律を3本柱として、データの統制を強化していく方針を打ち出している。

 サイバーセキュリティー法は、サイバー空間の主権および国家の安全保障、公民・法人の合法的権益の保護などを目的として制定された。同法では、中国国内で収集した個人情報や重要データに関し、(1)国内保存を義務付ける(データローカライゼーション)、(2)国外に提供する場合、規則に従って安全評価が必要となる(越境制限)、(3)国家の安全保障・犯罪捜査活動に技術的な支援・協力を要求する(ガバメントアクセス)──などが規定されている。

 中国当局は7月4日、6月末に米ニューヨーク証券取引所に上場した配車サービス最大手「滴滴出行(ディディ・チューシン)」のアプリに個人情報の収集・使用における重大な法令違反があると発表した。アプリ配信の停止を命じたが、同措置はサイバーセキュリティー法などに基づくものとされる。この背景には、米国へのデータ流出防止があると見られており、規制は強化される方向にある。

 9月1日から施行されたデータセキュリティー法では、管理項目に属するデータに対して法に基づき、輸出管理を実施することが規定されている。主管機関の許可を得なければ、国内に保存されたデータを外国の司法・法執行機関に提供できないことや、差別的な禁止・…

残り608文字(全文1308文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事