教養・歴史書評

歴史上の「もしも」描いた小説、マンガから見えるもの

    歴史の「もしも」を仮想し 希望見いだす力を養う=井上寿一

    「歴史にもしもは禁物ですが」と前置きしながら、歴史の「もしも」を語ってしまうのが人の常である。「もしもあの時」と思考をめぐらせると、実際に起きたのとは異なる人生を垣間見ることができる。実際に起きた事実とは異なる想定をすること、すなわち反実仮想は人を引きつける。

     他方で赤上裕幸『「もしもあの時」の社会学』(筑摩選書、1760円)が指摘するように、「風が吹けば桶屋(おけや)がもうかる」のことわざのとおり、反実仮想は結果の範囲が広くなりがちで、荒唐無稽(むけい)な思考実験に陥ってしまう。それでも同書は「新たな『気づき』や、『現在』と『過去』の積極的な対話が可能になる」と述べて、反実仮想の効用を認める。

    残り611文字(全文940文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事