教養・歴史書評

高速道路、国境地帯……中国全33省の旅から見えた「真実」=楊逸

    高速鉄道から国境地帯まで 中国全33省の「真実」の旅

    ×月×日

     雲のまにまに見え隠れする中秋の名月を眺めて、海の向こうに広がるあの大地を思わずにはいられなかった。

    『日本人が知らない 本当の路地裏中国 乗って歩いた! 全33省旅遊記』(宮崎正弘著、啓文社書房、1760円)。面積は日本の25倍にも及ぶ中国の33省を制覇しただけでなく、場所によっては数年おきに2度3度と旅して回った著者の壮挙に脱帽して手に取った一冊。

    「北京から中国『新幹線乗り尽くし』の旅を始めてみた」を最初に持ってきたのは迫力があった。日本の技術なしではありえなかったであろう「中国高速鉄道」。高官への賄賂から始まる建設事情や運行状況、安全管理やサービスのずさんな実態まで、なぜ中国は「安全性よりスピードにこだわる」のかを、旅しながら究明していく。知っているつもりでも見えていなかった「闇」に触れて目を見張るばかり。「大衆とは『ものを考えない人』」…

    残り911文字(全文1317文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事