教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

独身で家族は遠距離。孤独死するのではと不安でなりません/103

 Q 独身で家族は遠距離。孤独死するのではと不安でなりません

 A 存命中の孤立避け、「在宅ひとり死」を目指そう

 私は独り身なので、定年後は仕事を通して培ったいろいろな関係が絶たれてしまいます。60代でも病気で孤独死する人がいると聞き、今から不安でなりません。

(会社員・60代女性)

 単身世帯が増えていますから、性別や年齢を問わず孤独死の可能性は高まっていますよね。特にこれまで会社の人間関係しかなかった人が、定年後、まったく孤立してしまうような場合、不安はなおさらだと思います。

 そこで参考にしたいのが、もはや思想家と言ってもいい上野千鶴子さんの「おひとりさま」をめぐる一連の言説です。もともとは女性学・ジェンダー研究で有名な上野さんですが、最近はそこから介護研究のパイオニアとしても活躍されています。

残り964文字(全文1315文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事