教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

滅私奉公的な働き方に疑問を持ちました=小川仁志/104

 Q 滅私奉公型の働き方、自分は会社の歯車かと疑問を持ちました

 A 個性を構築し、誰とでも交換可能な存在と見なす「同一化」の暴力に対抗しよう

 長年会社勤めをしてきましたが、働き方改革やコロナ禍のテレワークのせいか、自分の仕事優先の働き方に疑問を感じ始めました。自分は会社の歯車だったのではないかと。おかしいでしょうか。

残り1186文字(全文1345文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事