教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

個性がぶつかり合う職場の人間関係、どうすればスムーズに?/105

     Q 個性がぶつかり合う職場の人間関係、どうすればスムーズに?

     A ペシミズムにのっとり、細心と寛容の心で幸福につながる答えを求めよう

     個性的な人が集まっている職場なので、気の合わない人もいて困っています。彼らとも何とかうまくやっていくコツはないものでしょうか。

    (会社員・40代男性)

     私も経験がありますが、他者を変えるのは大変です。だからといって相手の方があまりにも常識や規律などから外れ、おかしい場合、自分が折れるのにも限界がありますよね。

     そこで参考になるのが、近代ドイツの哲学者ショーペンハウアーの思想です。彼の思想は基本的にペシミズム(厭世(えんせい)主義)だと言われます。つまり、世の中はどうしようもないので、諦めるしかないというのが基本的な考え方です。でも、諦めるからといって、不幸になるとは限りません。

    残り1030文字(全文1389文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事