【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融独眼経眼

10年金利を「財政赤字でも鳴かないカナリア」にした日銀の責任=愛宕伸康

 ニューヨーク連銀の2人のエコノミストが10月20日、「中央銀行の資産購入とインフレーションに関する国際的経験」という興味深い論考をブログに掲載した。

 中央銀行の大規模な国債購入はマネーストックの増加にはつながっておらず、インフレを助長するような家計や企業の支出を促していないという、日本銀行にとっては痛い内容だ。

 日本銀行が市中の金融機関から国債を購入すると、日銀のバランスシートの資産側で「国債」が増え、見合いの現金が負債側の「日銀当座預金」に計上される。このため黒田東彦総裁が異次元緩和を開始した2013年4月以降、日銀のバランスシートは資産側の国債と負債側の日銀当座預金が同時に膨らむかたちで大幅に拡大してきた(図1)。

 では、それによって金融機関がリスク資産の保有を増やしたり貸し出しを積極化したりする「ポートフォリオ・リバランス効果」があったかというと、全くなかったとはいえないが、2%の物価目標が実現するほどではなかったというのが現実だ。明らかなのは、ブログが指摘する通り、金融機関の「現金預け金」(つまり日銀当座預金)が日銀の国債購入と同じように膨らんだという事実だけである。

急がれる日本版CBO

 日銀は、長期金利の過度な低下という副作用を抑制するため、16年9月から10年金利を「ゼロ%程度」に誘導するイールドカーブ・コントロール(YCC)政策を採用した。その結果、日銀の国債保有残…

残り449文字(全文1049文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事