週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

地盤のプロが勧める!あの被災回避マップ=長嶋修

    (出所)国土地理院地図より
    (出所)国土地理院地図より

    被災回避する“プロ”の地盤の調べ方/117

    「100年に1度」といわれる災害が頻発しているなか、住むなら、できるだけ地盤が安定し不安のないところがいい。今回は業界のプロたちの「地盤の調べ方」を紹介する。

     まずは「国土地理院地図」(https://maps.gsi.go.jp/)。「標高」が示されているが、土地の高低差は二つの視点に留意する必要がある。一つは「絶対的な高さ」で、津波や洪水などの際の被災可能性につながる。もう一つは「相対的な高さ」だ。

     相対的な高さとは、周辺の土地と比べた高低差。周りより低いと、短時間に集中的な雨が降った場合、排水インフラの処理能力が追いつかずに洪水となる可能性がある。1時間当たりの排水処理能力が50ミリ程度(バケツをひっくり返したような雨)を基本としている自治体が多い。だが、ゲリラ豪雨はこの能力をはるかにしのぐ。周辺地域で最も土地が低いところに雨水が集まり冠水する。この地図で地盤の性質を知ることができ、色分け…

    残り1058文字(全文1482文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事