投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

これからの不動産市場を占うために、バブル期を振り返る意味=長嶋修

プラザ合意の舞台となったニューヨークのプラザホテル Bloomberg
プラザ合意の舞台となったニューヨークのプラザホテル Bloomberg

バブルの時代を今、振り返る意味/118

 今後、不動産市場でどのようなことが起きるのか。これを占うために、今と似ている1990年前後のバブルとその崩壊がどのようなものであったのかを、2回に分けて紹介したい。

 戦後の高度経済成長期を駆け抜けた日本は、ニクソン・ショック(1971年)やオイルショック(73、79年)の危機を乗り越えて突き進んだが、銀行は70年代後半になると主に優良製造業向けの融資案件が伸び悩み、不動産業や小売業、住宅への融資へ傾斜し始めた。80年代初めになると、東京の国際都市化への期待が高まり、外資系金融機関の進出も増え、オフィスが大量に不足すると予想され始める。

残り1031文字(全文1321文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事