週刊エコノミスト Online闘論席

コロナ禍で傷ついた日本に広がるドラッカー流の「ファシズム」とは=片山杜秀

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

    片山杜秀の闘論席

    『ジ・エンド・オブ・エコノミック・マン』。経営学者、ピーター・ドラッカーの最初期の著作である。『経済人の終わり』と訳されている。

     第二次世界大戦の始まった年、1939年に出版された。どんな内容か。ファシズム論である。ドラッカーは、元はドイツのジャーナリスト。ヒトラーやゲッベルスにインタビューしたこともあるという。そんな彼は、ファシズムを独裁や暴力で説明するのはピント外れだと言った。

     すると、ドラッカーの考えたファシズムの核心とは何か。書名の通りである。この場合の経済人とは、財界人や会社経営者に限らない。公平な社会のなかで、経済合理性に基づき、市場原理に従って行動する、すべての人間のことを指している。そんなまっとうな人々がいつの間にか消えていき、不公平と非合理性ばかりが跋扈(ばっこ)し、誰も異議を唱えない。それがヒトラーやムッソリーニの実現しつつある社会なのだと、ドラッカーは…

    残り392文字(全文792文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事