【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用

2021年3月期 信金ランキング 総資産はトップ京都中央が6兆円超え

総資産 1兆円超の“メガ”48信金=編集部

<2021年3月期 全254信金ランキング>

 2021年3月期の全国全254信金のディスクロージャー誌を基に、七つの単体指標でランキングし、信金業界や地域経済の今を分析した。誌面ではランキングの上位・下位信金を取り上げるが、「週刊エコノミストOnline」では全信金のランキングを順次紹介する。

(編集部)

 総資産は貸借対照表の資産合計額で、金融機関の規模を示す。6兆円を突破したトップの京都中央をはじめ、1兆円超の“メガ信金”は48信金。2021年3月期では高知(高知)や三島(静岡)など7信金が新たに“メガ信金”入りした。

 新型コロナウイルス禍の資金需要で貸出金が大半の信金で伸びており、総資産が前期より減少したのは石巻、気仙沼(いずれも宮城)の2信金のみ。最も総資産が小さいのは日田(大分)で500億円を下回っている。

表の拡大はこちら

全信用金庫のランキングはこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事