国際・政治ワールドウオッチ

銅線ケーブルの窃盗多発で信号機も止まるブラジル=松本浩治

窃盗被害にあった道路の側溝には事故防止のために木片が入れられている(サンパウロ市内) 筆者撮影
窃盗被害にあった道路の側溝には事故防止のために木片が入れられている(サンパウロ市内) 筆者撮影

ブラジル 銅線ケーブルの盗難増加=松本浩治

 ブラジルのサンパウロ市で電線や交通信号機等の銅線ケーブル、道路用側溝の金属ふたの盗難被害が相次いでいる。今年10月にはケーブルの盗難により、地下鉄の2路線で遅延が発生したほか、市立学校2校で1週間近く停電し、授業にも影響を及ぼした。

 サンパウロ市内のスクラップなどの金属回収業者では現在、銅の取引価格が1キロ当たり30~40レアル(約619~825円)と過去2年間で倍に。路上生活者などが…

残り324文字(全文540文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事