国際・政治ワールドウオッチ

ホテル業界で人材難が深刻化するマレーシア=降旗愛子

サービスの低下を指摘する声も…… Bloomberg
サービスの低下を指摘する声も…… Bloomberg

マレーシア ホテル業界で人材不足深刻=降旗愛子

 マレーシアで11月に入り、新型コロナウイルス対策としての活動制限がほぼ撤廃された。同時に人手不足も顕在化しているようで、あちこちで求人の張り紙を見掛ける。外国人観光客の入国禁止や都市封鎖などで事業縮小を余儀なくされたホテル業界では、特に人材難が深刻なようだ。

 地元メディアでは営業部門や総務部門の管理職までもがベッドメーキングに駆り出されている様子が紹介されていた。「東洋の真珠」と称されるリゾート地、北部ペナンの高級ホテルに勤める営業ディレクターは「20年間のキャリアで初めてシーツを交換した」と話す。

残り244文字(全文520文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事