国際・政治ワールドウオッチ

ドバイ万博でスシローに行列=片伊勢昭人

日本パビリオンの注目が最も高い 筆者撮影
日本パビリオンの注目が最も高い 筆者撮影

UAE 万博でスシローに行列=片伊勢昭人

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイでは、10月から国際博覧会(万博)が開催されている。本来は2020年の開催であったが、新型コロナウイルス禍により今年に延期されていた。

 当地では居住者の大半が2回のワクチン接種済みで、日常生活の規制はいまだ残っているものの、徐々に経済活動は再開しており、万博開催で今後さらに海外からの訪問者が増加すると思われる。

 日本パビリオンは「アイデアの出会い」をテーマに展開。待ち時間は約2時間に上るなど、最も人気が高い。日本食レストランの開店が相次ぐドバイだが、日本パビリオン内に出店している回転ずしの「スシロー」も行列ができるほどの盛況ぶりだった。他にもインドやロシア、ドイツ、フランス、米国などのパビリオンの人気が高かった。

残り150文字(全文498文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事