国際・政治ワールドウオッチ

新型コロナ対策 「厳戒態勢」で開催の独クリスマスマーケット=柿添紘光

    入り口には、ワクチン摂取済み、回復済みを意味する「2G」の紙が貼られている 筆者撮影
    入り口には、ワクチン摂取済み、回復済みを意味する「2G」の紙が貼られている 筆者撮影

    ドイツ 厳戒態勢のクリスマス=柿添紘光

     ドイツの風物詩クリスマスマーケットがドイツ各地で開催されている。新型コロナウイルスの流行により昨年は全国的に開催が見送られていた。

     しかし、同国では10月中旬から新型コロナの感染が急増。11月中旬の新規感染者数は7万人を超え、バイエルン州と東部ザクセン州などではクリスマスマーケットの中止が決まった。開催を決定した都市でも、ワクチン接種完了者や回復済みの者に限って入場を認める…

    残り312文字(全文520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事