【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融ワシントンDC

「ソフトインフラ」法案、インフレ対応……年明けからバイデン大統領が直面する議会対応=鈴木 洋之

つかの間の休息を終えて Bloomberg
つかの間の休息を終えて Bloomberg

年明けから活発化する大統領と議会の駆け引き=鈴木洋之

 一般的に12月上旬~下旬とされるワシントンDCのホリデーシーズンも終盤を迎えている。ワシントンのホリデーシーズンで筆者のお勧めは、ホワイトハウスのナショナル・クリスマスツリーと、米議会議事堂のキャピトル・クリスマスツリーだ。

 ホワイトハウス前にナショナル・クリスマスツリーが飾られるのは、1923年から約100年間続いている伝統行事だ。目の前にはホワイトハウス、振り返ると、ワシントンモニュメントが迫る。50州と六つの領地を意味する56本の小さなツリーが、中央のメインツリーを取り囲み、小さなツリーには各州・領地の独自色あふれる装飾が施される。毎年、12月初旬の点灯式には大統領も参加し、2021年12月2日の第99回点灯式にはバイデン大統領も参加した。

ツリーの位置が暗示

 キャピトル・クリスマスツリーは、ホワイトハウスからペンシルベニア通りを、南西方向に数キロ進んだキャピトルヒル(米議会議事堂)の正面玄関の前に位置する。ツリーの向こう側には、高さ88メートル、直径29メートルの巨大ドームが特徴の議事堂が見える。ツリー自体はシンプルだが、ライトアップされた議事堂は荘厳で、自然と心が鎮まるのを感じる。議事堂は、キャピトルヒルという名前の通り、小高い丘にあるため、このツリーからは、北西方面にホワイトハウスを見下ろすことができる。キャピトル・クリスマスツリーがナショナル・クリスマスツリーを温かく見守っている、と見るのは筆者の単なる主観で、立法府が行政府を監視しているというのが、当地での一般的な見方だ。

 さて、22年が始まった。ワシントンは、日本の正月気分のようなものはなく、最初からアクセル全開だ。ホリデーシーズンでつかの間の休息を取ったプ…

残り600文字(全文1350文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事