経済・企業

カラーで見る世界のEV

世界のEVカタログ=編集部

 世界で人気の電気自動車(EV)20 車種をカラー写真で一挙に紹介する。

「脱炭素」の流れを受け、EVの販売が世界中で急拡大している。編集部では、再生エネルギーやEVを紹介するウェブサイト「Clean Technica」のデータを基に、世界で売れているEV(PHV含む)上位20車種をランキングした。(拡大はこちら)

 1位は米テスラのモデル3。米国工場に加え、中国・上海工場での生産が順調に立ち上がり、欧州や日本への輸出が拡大した。テスラは3位にも、SUVのモデルYがランクに入った。2位は上海通用五菱汽車の宏光MINI。日本円で50万円程度の超低価格が受け、中国で販売台数1位になっている。4位と8位には、独フォルクスワーゲン(VW)のID.4とID.3がランク入り。VWはディースCEOのもと、EVシフトを強力に進めており、欧州を中心に高いシェアを獲得している。5位、6位と17位には、中国BYDが入った。同社は車載用電池も手掛けており、安定した調達能力も販売に寄与しているようだ。中国勢は20台中11台を占める最大勢力だ。一方、日本勢はトヨタと日産の2車種だけで、純粋なEVは日産のリーフのみだ。EVに積極的な欧州、中国勢に対し、品ぞろえが不足したのが響いているようだ。

(編集部)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事