週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

日米労働生産性では1ドル=65円が妥当=市岡繁男

     2020年3月から蔓延(まんえん)したコロナ禍に対し、米連邦準備制度理事会(FRB)や日銀は国債等を購入して市中に資金を供給した。量的緩和の度合いは各国中央銀行で異なり、当初は日銀が先行していた。だが日銀は20年秋以降、ペースを鈍化させており、FRBより一足先に量的緩和の縮小(テーパリング)に踏み切った格好だ。

     注目は20年5月以降「FRB資産残高÷日銀資産残高」とドル・円相場が連動していることだ(図1)。 中央銀行の資産拡大とは通貨供給量の増加に他ならない。FRBは日銀より資産を拡大しているので、ドルの供給は円を上回り、需給面からは円高になるはずだ。だが現実の為替相場は逆だ。日米間の金利差もさることながら、量的拡大ペースの違いが株価格差となって表れ、対米資金流出を加速させているのだろう。

    残り221文字(全文571文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事