週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

上昇相場の終わりを告げる銀行株=市岡繁男

     世界の長期金利の指標は米10年国債利回りである。米国経済が世界最大であると同時に、その国債発行残高も世界一だからだ。米長期金利が上昇すると世界中の金利が連動し、株価にはおおむねマイナスの影響を与える。金利の上昇によって債券に比べた株式の投資魅力が相対的に薄れるからだ。

     しかし銀行株はその例外で、金利上昇時には利ざやの拡大を好感して上がることが多い。その米長期金利は2020年7月末から上昇し始めた。欧米の相対銀行株価(銀行株指数÷平均株価)は…

    残り335文字(全文558文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事