国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

海外ブランドが相次いで参入 高級スポーツ市場の競争激化=岩下祐一

    高級な商品が並ぶ「デサント」の店舗(中国・上海) 筆者撮影
    高級な商品が並ぶ「デサント」の店舗(中国・上海) 筆者撮影

     中国の大手アパレルブランド2社が、海外の高級スポーツブランドを相次いで中国市場に投入した。北京冬季オリンピック・パラリンピックなどを機にスポーツ人口が増えていることと、ビジネススタイルのカジュアル化が背景だ。日本の「デサント」とカナダ発の「アークテリクス」がけん引してきた市場の競争が、さらに激化していきそうだ。

     ダウンウエア大手の波司登国際(ボストン)は昨年12月2日、独ボグナー社と合弁会社を設立し、高級スポーツブランド「ボグナー」と「ファイアアンドアイス」を中国で展開すると発表した。ボグナーは、ノルディックスキー用品をルーツとし、スキーウエアやタウンユースの高級ウエアを手掛けている。

     これに続き、メンズ最大手の海瀾之家が12月31日、オーストリアのブランド「HEAD(ヘッド)」の中国1号店を、北京に出店した。ヘッドは、ウインタースポーツとテニスの両分野が強い。海瀾之家は現地企画・生産のライセンスも取得しており、現地企画品を順次投入していくとみられる。

     両社が狙う高級スポーツ市場はこれまで、デサントとアークテリクスがけん引してきた。

    先行するデサント

     デサントは、地場スポーツ最大手の安踏体育用品(アンタ)と伊藤忠商事グループの合弁会社、迪桑特(中国)(デサントチャイナ)が、2016年から展開している。それ以前から「韓国企画の製品が流通し、ファッション感度の高い高級なイメージが定着していた」(地場ブランド幹部)。

     こうした歴史もあり、中国では、日本と韓国、現地企画の「いいとこ取り」といえる高級路線だ。韓国と中国で「FILA(フィラ)」を成功させた韓国人プロ経営者の梁夏準氏が、16年から4年間陣頭指揮を執った後、アンタ創業者の丁世忠氏の息子、丁少翔氏にバトンを引き継いでいる。参入…

    残り514文字(全文1264文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事