経済・企業ゼロコストでPR SNS活用術

PR設計6ステップを学ぼう②=笹木郁乃

 自社のサービス・商品の魅力を言語化するための「PR設計6ステップ」。今回はステップ3と4を解説する。

 ステップ3は、「顧客の未来例」を示すことだ。すなわち、ステップ2(商品・サービスが顧客に選ばれる理由)で約束した「変化」によって顧客が描ける未来を示す。(表の拡大はこちら)

 例えば、私が以前関わっていた鋳物ホーロー鍋ブランド「バーミキュラ」の場合、手料理をより楽しめるようになることで、(1)外食が減り健康的な料理生活になる。10キロ痩せ「奇麗になった!」と言われるようになる。(2)子供の野菜嫌いが直り、健康になった。(3)ストレスが減り、夫婦仲が格段によくなる──これを私は「未来例」と呼んでいる。

 未来例を示すことにより、顧客に自社の商品・サービスで広がる可能性や予想外の未来を感じてもらい、ワクワクさせる。ぜひ、いろいろな未来例のパターンを言語化してみてほしい。なぜなら、提示された未来例が、顧客層を決めるからだ。

 私が運営しているPR塾は当初、未来例を「PR塾で学べばSNS(交流サイト)集客でき、あなたもメディアに載り、売り上げが上がります」とし、塾生は起業家や経営者がメインだった。

 しかし、ある時期からPR自体を仕事にして、独立したり転職したりする塾生も出てきたことに気づき、「PR塾に入ると未経験からでもPRフリーランスになれる」という未来例を加えることにした。すると、そういう事例・未来があるならPRを学んでみたいと思う入塾希望者が増えた。

 今ある実例しか提示しないと、既存の顧客から広がっていかない。未来の顧客としたい層も含めた上で、大胆な未来例を三~五つシンプルに箇条書き…

残り742文字(全文1442文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事