【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

SNSのニュースの見出しは、どこまで信頼できるでしょうか/113

 Q SNSのニュースの見出しは、どこまで信頼できるでしょうか

 A シンプルな言葉が「断言、反復、感染」の三つの手段で群衆を操作。疑い警戒しよう

 最近、新聞を読まない人が増えています。SNS(交流サイト)などで、流れてくるニュースの見出しだけを見て、内容を知った気になっている人が多いです。そういう見出しは、誇張されていることも多く、とても危ういと思うのですが。(流通業勤務・30代男性)

 たしかに、私の周りにもネットで流されるニュースの見出ししか見ないという人が増えています。情報過多の時代に加え、だからこそより訴求力のある見出しを考えるメディアの発信側の工夫も災いして、見出しだけで大体の内容がわかるようになっていますね。

残り1094文字(全文1407文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事