【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業

東証プライム”経過措置”296銘柄を時価総額順に並べた結果

プライム基準未達「適合計画書」296銘柄=編集部

 今回の東証再編でプライム市場の上場基準を満たさず、「適合計画書」を発表してプライム市場に移行した東証1部企業は、全2185社中296社ある。これら企業を今年1月25日時点の時価総額順に並べ、未適合だった基準をまとめたものが表だ。

 未適合の基準は主に、(1)流通株式時価総額(100億円以上)、(2)流通株式比率(35%以上)、(3)売買代金(1日平均0.2億円以上)──の三つで、各銘柄ごとに未適合の基準を丸囲みの数字で示した。Zホールディングス(HD)やゆうちょ銀行をはじめ、時価総額の大きい銘柄では未適合だった基準が(2)に集中しており、大株主の保有比率の引き下げなどに取り組んでいる。

 適合計画書の発表企業全体では、(1)のみ未適合が最も多く、160社が該当。(2)、(3)のみの基準未適合は、それぞれ32社、30社。二つ以上の基準未適合は74社あり、うち原田工業、ハークスレイ、日産東京販売HD、トルクは三つの基準すべてが未適合だった。

 移行基準日の昨年6月30日終値と比較した株価の騰落率を見ると、この間のTOPIX(2.4%下落)を下回ったのは194銘柄だった。銘柄により騰落が大きく分かれており、適合計画書の内容も影響した可能性がある。

(編集部)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事