国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

年初から中国政府が景気対策に躍起になっているワケ=真家陽一

徹底したPCR検査でゼロコロナを目指す  Bloomberg
徹底したPCR検査でゼロコロナを目指す  Bloomberg

年初から景気対策を総動員 今秋の党大会にらむ習政権=真家陽一

「我々は今、経済の合理的な成長を確保するため、的を絞った対策を講じなければならない」。中国の寧吉哲・国家統計局長は1月17日、2021年のマクロ経済統計の公表に関わる記者会見でこう強調した。

 国家統計局によれば、21年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比4・0%増と、第3四半期(4・9%増)から減速した。ただし、これは新型コロナウイルスの収束に伴い、6・4%増とV字回復した20年第4四半期との比較によるものだ。前期比ベースでは、0・7%増から1・6%増へ上昇しており、底打ちしたと見る向きもある。

 そんな状況の中、22年の年初から中国政府は景気対策を躍起になって推進している。李克強首相は1月10日、国務院常務会議を主宰。(1)第14次5カ年計画(21~25年)で確定した重点プロジェクトの実施の加速、(2)21年第4四半期に専項債(地方政府がインフラ整備等の資金調達を目的に発行する債券)発行により調達した1兆2000億元(約21兆6000億円)の資金の具体的プロジェクトへの投入、(3)投資プロジェクトの審査・承認手続きの迅速化・簡素化──などを指示した。会議では「有効な投資の拡大は、上半期の経済の安定を確保する上で重要な意義がある」との指摘がなされた。

 また、経済政策を担う国家発展改革委員会(発改委)は1月17日、春節(旧正月、今年は2月1日)などで伝統的に消費が旺盛になる時機を捉え、「消費促進活動の適切な実施に関する通知」を公布。オンライン消費の質の向上▽農村消費の開拓▽(冬期に関連した)氷雪消費の拡大──など10項目の消費促進策を提起した。発改委としては、2月4日…

残り628文字(全文1378文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事