【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

アメリカやオーストラリアからLNGの輸入を急増させる中国の狙いは=岸田英明

中国は世界最大のLNG輸入国になった Bloomberg
中国は世界最大のLNG輸入国になった Bloomberg

米豪からLNG調達を増加 政治対立より合理性の判断=岸田英明

 2021年の中国の液化天然ガス(LNG)輸入量は前年比18・3%増の7893万トンで、日本(7431万トン)を抜き、初めて世界1位になった。パイプラインでのガスの輸入も増えており、合わせると、この年中国はLNG換算で前年比19・9%増の1億2136万トンを輸入したことになる。

 LNGの輸入元は1位の豪州(3140万トン、前年比7・8%増)と2位の米国(925万トン、同2・8倍)だけで全体の5割超を占める。伸び率ではLNG輸出能力を拡大させている米国と、東地中海でのガス生産が軌道に乗る10位のエジプト(132万トン、同22倍)が突出する。

 21年は長期契約締結の動きも目立った。11月には中国石油化工(SINOPEC)が米国のベンチャー・グローバルLNGと年間400万トン、20年間の長期購入契約を締結。同契約は「過去10年間で国内の単一主体が海外で交わした最大、かつ中米間で最大規模、かつ中国石油化工が米国と交わした初のLNG長期契約」(現地経済誌)と注目された。ベンチャー・グローバルは12月までに中国海洋石油(CNOOC)とも毎年350万トンの販売契約を交わした。

 米国の報道によると、米国のLNGサプライヤーは10~12月だけで中国の顧客と期間10年超のものを含む七つの販売契約を締結。英調査会社IHSの報告書によると、21年に中国が交わしたLNG長期契約は計2500万トンに達する(各契約の年間調達量の合算値と見られる)。

 中国は「60年カーボンニュートラル」実現へ向け、1次エネルギー消費に占める非化石燃料比率を現在の2割弱から8割超へ高める目標を設定している。

脱石炭を加速

 しかし、発電量の6割を石炭に頼る中国にとって、…

残り603文字(全文1353文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事