【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online闘論席

EUが原発を「グリーン」に分類しても日本の議論に影響はない=古賀茂明

撮影 吉田航太
撮影 吉田航太

古賀茂明の闘論席

 欧州連合(EU)の行政機関である欧州委員会は1月1日、原子力発電と天然ガス(LNG)をいわゆる「EUタクソノミー」に含めると発表した。EUの「タクソノミー」とは持続可能な経済活動を「分類」する制度で、「グリーンリスト」と呼ばれることもある。

 ドイツ、スペイン、オーストリアなどが強く反対しており、欧州議会とEU理事会(閣僚理事会)の審査もまだなので、最終決定ではない。しかも、欧州委の案は、原発とLNGには過渡的な役割を認めるという考え方に基づくもので、決して、「本物」のグリーンエネルギーとして認めたものでもない。

 日本では、欧州で「原発回帰」が始まったという報道が多い。「原発はグリーンだ」という前提の記事まである。原発の他にLNGまでタクソノミーに含まれたことはほとんど報じられない。LNGは化石燃料の一つで、石炭に代替すれば、二酸化炭素を削減はできるが、どう考えてもグリーンではない。原発はその並びで入っただけだ。

残り425文字(全文845文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事