教養・歴史アートな時間

権謀術数の限り尽くす跡目争い。家族とは? 親子とは? 問う愛憎劇=濱田元子(舞台)

「冬のライオン」
「冬のライオン」

舞台 東京芸術劇場「冬のライオン」 権謀術数の限り尽くす跡目争い 「家族とは何か?」を問う愛憎劇=濱田元子

 世界史の教科書も、年号や人名の羅列ではなく、こんなに人間くさく、スリリングでドロドロに書かれていたらさぞかし読むのが楽しいだろう。

 米劇作家ジェームズ・ゴールドマンによる「冬のライオン」は、中世イングランドのプランタジネット朝(1154〜1399年)の創始者、ヘンリー2世(在位1154〜89年)の後継、領土を巡る家族の愛憎劇である。小田島雄志の翻訳、シェークスピアやミュージカルなど幅広く手掛ける実力派の森新太郎(演劇集団円)の演出で上演される。

 1966年に米ブロードウェーで初演され、68年にはアンソニー・ハーヴェイ監督により、ピーター・オトゥール、キャサリン・ヘップバーン、若き日のアンソニー・ホプキンスら豪華キャストで映画化された。テレビドラマにもなり、日本では演劇集団円などが上演している。

残り914文字(全文1319文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事