教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

ユーモアのつもりが相手がムッとすることがある……ヌスバウムの思想で考える=小川仁志

 Q ユーモアのつもりが相手を不愉快にさせて困惑することがあり、悩んでいます

 A 笑いについて誰もが共有する「正しさ」の輪郭を知り、議論していきましょう

 ユーモアのつもりで言っても、相手がムッとするというようなことがあるのですが……。特に文化や世代が異なると、そういうことがたびたび重なり、コミュニケーションを取るつもりが逆効果となっています。(営業職・40代男性)

 たしかに文化間や世代間の隔たりには根強いものがありますよね。だからこそ外国人を差別したり、世代間でいがみ合ったりするわけです。この問題を考えるうえで参考になるのが、マーサ・ヌスバウムの「相対的でない徳」という考え方です。

残り1089文字(全文1383文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事