経済・企業ゼロコストでPR SNS活用術

フェイスブック/2 自身の人柄を上手に発信する=笹木郁乃/12

 フェイスブックは、インスタグラムのようにハッシュタグ(#)で検索されることもなく、ツイッターのように拡散性も高くないので一夜にして「バズる(爆発的に話題になる)」ことは少ないSNS(交流サイト)である。

 しかし、実名登録であるがゆえの信頼性、友達の友達にまで深く情報が届けられる優位性がある。特に採用、BtoB(企業間)ビジネス、スキルアップ、マインド、仕事獲得など無形のノウハウやお役立ち情報を提供することでビジネスにつなげたい場合は、お薦めだ。

 実際の具体的な成功事例として、フォトグラファー・Kさんの投稿例を紹介する。

 ポイントは、「自身の多面性や人柄を、特に上手に発信した」ところにある。Kさんは、自分の多面性を出すのが楽しく得意な人物である。しかし、例えば「自分はお菓子が好き」など、全く仕事と関係ないことで多面性を出すのではなく、「写真家の自分としての素直な気持ち」を発信している。

 どんな思いで写真を撮っているのか。また、「自分自身が写真を撮られるのが苦手だから、同じような人には寄り添う気持ち」で撮影に臨んできたことを告白し、自分の人柄を伝えることで、たくさんの共感を得てきたのである。

 また、写真とともに撮影した人をタグ付けし、「素敵な人ですよ」と紹介するなど、相手にもメリットがある投稿を行うことで、さらにシェアされ、認知が高まっていく。ビジネスでも、SNSは、いかに共感の輪を広げていくかが非常に大切だ。

最初5行と写真が勝負

 以下はフェイスブックをビジネスに生かす4カ条。

◆友達申請は自分からしていく。5000人までは、自分から友達申請が可能なため、営業の名刺交換のようなつもりで、自ら申請する。

◆「いいね!」やコメントをしていく。フェイスブックでは、「いいね!」をしたり、「…

残り624文字(全文1374文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事