教養・歴史書評

「国家」という枠組の希薄なウクライナ史を学ぶ=本村凌二

緊迫状況下にあるウクライナの歴史を学ぶ

 ウクライナはヨーロッパの東部にあり、ロシアからすれば西方にある「辺境」であった。12世紀末の年代記にその名が記されており、後にモスクワ国家の南西部をさすようになったらしい。歴史をたどれば、ウクライナ西部は、ポーランド、オーストリア、ハンガリー、チェコスロヴァキア、ルーマニアの支配下におかれ、17世紀後半以降ロシア領になった。その後も錯綜(さくそう)するが、1922年、ソ連邦構成共和国となり、その解体後、独立した。

 昨今、ロシア軍の侵攻が懸念されるウクライナであるが、その混迷と緊迫の背景にある素顔を知るには、黒川祐次『物語 ウクライナの歴史』(中公新書、946円)が手ごろである。

残り600文字(全文912文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事