教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

テレワークで仕事と生活のバランスが取れる環境なのに出勤したくなります/120

 Q テレワークで仕事と生活のバランスが取れる環境なのに出勤したくなります

 A 職場での「温かい近代」と家庭における「冷たい近代」の真の調和が実現していないから

 テレワークでワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を取り戻したはずなのに、なぜか会社に行きたくなってしまいます。まるで一日中家庭に縛られているような気がして。実際、子育てなど家事の分担は増え、少し嫌気がさしています。(会社員・30代男性)

 新型コロナウイルス禍を奇貨として、テレワークが定着してきましたよね。終日でなくても、部分的に導入する企業も増えてきて、ようやく長年の懸案であったワーク・ライフ・バランスが実現されつつある感がします。

残り1114文字(全文1417文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事