投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

「ババ」を引かない中古物件の選び方=長嶋修

損しない中古物件の選び方/132

 東京都心部をはじめとする大都市部の不動産価格高騰を受け、東京近郊の中古戸建てが販売好調だ。

 例えば、首都圏なら都心から30~40キロ圏内。通勤時間がドア・ツー・ドアで1時間内外である、国道16号線の内側で価格と流通性が高まっている。

 また、新築はマンション・戸建てとも価格高騰の上に新型コロナウイルス禍による資材の供給制約などもあり、その矛先は必然的に中古住宅に向かう。

 しかし、中古住宅は新築に比べてお値打ちで買いやすい半面、新築時の工事を見ることができないため、建物のコンディションや不具合の発生率なども気になるところだ。

残り885文字(全文1165文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事