教養・歴史書評

「戦後」は終わっていない。空襲被害者への無関心を告発する一冊=井上寿一

大空襲の被害者切り捨て 終わらない日本の「戦後」

 戦争の記憶に関連して、8月6日や8月9日、8月15日が何の日かは説明を要しない。それでは3月10日はどうか。すぐには思い浮かばないかもしれない。1945(昭和20)年3月10日の未明、東京の下町を中心に、B29爆撃機の焼夷(しょうい)弾が豪雨のように降り注いだ。犠牲者は10万人とも言われている。

 この東京大空襲を知る上で、2012年の刊行ではあるものの、NHKスペシャル取材班『ドキュメント東京大空襲』(新潮社、1540円)は欠かせない。テレビ番組の「NHKスペシャル」に基づく本書は、当時、発掘された未公開写真583枚などを通して、東京大空襲の全体像を明らかにしている。

残り601文字(全文913文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事