教養・歴史書評

「戦後」は終わっていない。空襲被害者への無関心を告発する一冊=井上寿一

大空襲の被害者切り捨て 終わらない日本の「戦後」

 戦争の記憶に関連して、8月6日や8月9日、8月15日が何の日かは説明を要しない。それでは3月10日はどうか。すぐには思い浮かばないかもしれない。1945(昭和20)年3月10日の未明、東京の下町を中心に、B29爆撃機の焼夷(しょうい)弾が豪雨のように降り注いだ。犠牲者は10万人とも言われている。

 この東京大空襲を知る上で、2012年の刊行ではあるものの、NHKスペシャル取材班『ドキュメント東京大空襲』(新潮社、1540円)は欠かせない。テレビ番組の「NHKスペシャル」に基づく本書は、当時、発掘された未公開写真583枚などを通して、東京大空襲の全体像を明らかにしている。

残り601文字(全文913文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事