経済・企業AI図解 日本の未来

第63回 工作機械販売額/自動車生産台数=ゼノデータ・ラボ

工作機械販売額 成長期の3月に大幅な落ち込み

 AI「ゼノインデックス」が予測する工作機械販売額(日本工作機械工業会が毎月末にその前月分を発表)は、例年は大きく伸びる3月が前年同期比マイナス20%の大幅減となる。

 2022年1月実績は994億7200万円で前年同期比36%増だった。

 AIは、4月以降も落ち込みは続くとも予測する。これは昨年1年間の好調の反動もあるが、ロシアへの輸出規制の影響が大きい。工作機械大手のDMG森精機はロシア現地工場の稼働や、日本・欧州からのロシア向け輸出を停止。また、ヤマザキマザックもロシアでの販売活動を停止した。…

残り408文字(全文680文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事