国際・政治ワールドウオッチ

投資家が舌なめずりで狙う豪州のバナジウム事業とは=守屋太郎

ロシアに代わるバナジウム大国になる日も近い Bloomberg
ロシアに代わるバナジウム大国になる日も近い Bloomberg

豪州 バナジウム生産開始に期待=守屋太郎 

バナジウムという聞き慣れない金属が、豪資源産業の注目を集めている。強度の高い「バナジウム鋼」の添加剤用途が大半だが、出力の不安定な再生可能エネルギー充電に重要な定置型大容量2次電池「レドックスフロー電池」向けの需要が今後、拡大すると見られる。足元ではロシア産の供給不安も浮上。米投資サイト「インベスティングドットコム」によれば、指標価格は1年で74%上昇している。

 米地質調査所によると、バナジウムの2021年世界生産量は11万トン。中国(7万3000トン)とロシア(1万9000トン)の合計で84%のシェアがある。豪州の生産量はゼロだが、埋蔵量は600万トンと世界2位で25%を占める。豪公共放送ABCによると、操業開始前のバナジウム鉱山は国内に7カ所。その多くが2年以内に生産を始め、精製工場も2カ所で稼働する計画だという。

残り155文字(全文540文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事