国際・政治ワールドウオッチ

産油国が挑む宇宙開発、月面探査に日本企業も協力=柳田尚之

2022年2月にドバイでオープンした「未来博物館」 Bloomberg
2022年2月にドバイでオープンした「未来博物館」 Bloomberg

UAE 産油国が挑む宇宙開発=柳田尚之

 超高層ビルが建ち並ぶアラブ首長国連邦(UAE)ドバイの摩天楼群の中で、ひときわ存在感を放つ楕円(だえん)形の建造物がある。2022年2月にオープンした「未来博物館」だ。博物館に入るとまず、宇宙をテーマとしたアトラクションに誘(いざな)われる。このフロアでは、来場者が2071年にタイムスリップし、未来の宇宙船での生活を疑似体験できるのだ。

 UAEは14年に宇宙庁を創設して以降、国家を挙げて宇宙開発に力を入れてきた。今年1月には、未来型実験都市「マスダール・シティー」内に、宇宙関連のスタートアップ・ベンチャー企業などの育成を目的とした経済特区の創設を発表した。日本との宇宙分野での関わり合いも深く、年内にはUAE製の月面探査車「ラシード」の月への輸送を、日本の月面探査のispace(アイスペース、東京都中央区)が支援することを計画して…

残り152文字(全文541文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事