資源・エネルギーワールドウオッチ

物価高騰で売れるろうそく、煮炊きや電灯に活用=酒井元美

ロンドンで売れている「ティーライト」 筆者撮影
ロンドンで売れている「ティーライト」 筆者撮影

英国 電気代高騰でろうそく活用=酒井元実

 日本では、ウクライナ危機を主因とする物価高の波がひたひたと広がりつつあるが、英国では早くも電力・ガス料金の暴騰が家計を直撃している。平均的な一般家庭の値上がり額が年間700ポンド(約11万2000円)との報道が正しければ、従来価格の2倍超になる。

 電力価格高騰の話題は、ロシアのウクライナ侵攻直後、庶民に伝わった。「月間定額価格で契約すると安い」との情報を元に、筆者も自宅の電気代を新電力会社(…

残り327文字(全文545文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事