週刊エコノミスト Online闘論席

戦時国際法の無視は「国家テロ」とも呼ぶべき暴挙

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

小林よしのりの闘論席

 ロシアは戦時国際法を守る気が全くない。

 本来、戦争は軍隊と軍隊の戦闘行為であり、単なる殺人ではない。戦争にもルールがある。軍服を着ていない民間人を標的として殺傷する行為は、戦争のルール上は認められていない。これは戦時国際法違反の戦争犯罪である。そんな基本的なこともロシア兵は知らないようだ。

 ロシア兵は明らかに戦時国際法の教育を受けていない。ロシア軍は市民の住むマンションや、市民の避難先や駅を平然と狙ってミサイルを撃ち込み、市街地では子どもを含め動くものは片っ端から狙撃し、女性を陵辱し、虐殺した遺体を隠す処理をし、さらに市民の強制連行も行っている。そして市民の財産を略奪して宅配便で送ったり、ネットオークションで売りさばいたりしているという。

残り473文字(全文807文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事