教養・歴史書評

ストーリーは荒唐無稽。しかし安全保障情報に鋭敏な長編小説=孫崎 享

日本の安保環境を擬装? 荒唐無稽すぎるスパイ小説

×月×日

 外務省時代、時間があるとスパイ小説を読んだ。筋より本にちりばめてある背景の道具立てを見るためである。筆者が2009年に出版した『日米同盟の正体』では、好きなスパイ小説の順位を掲載した。(1)トム・クランシー『合衆国崩壊』、(2)ジョン・ル・カレ『寒い国から帰ってきたスパイ』、(3)フレデリック・フォーサイス『イコン』、(4)ダン・ブラウン『デセプション・ポイント』、(5)トム・クランシー『レッドオクトーバーを追え』。素晴らしいスパイ小説には、通常メディアで報道されない内幕がふんだんに盛り込まれている。

 島田雅彦『パンとサーカス』(講談社、2750円)は評価の割れる本だと思う。主な登場人物は、東大法学部卒のCIA(米中央情報局)エージェント▽暴力団火箱組の後継者▽その後継者の異母妹で元ソープ嬢▽ホームレス詩人で元警察官。どう見ても現実性がない登場人物である。

残り964文字(全文1376文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事