国際・政治ワールドウオッチ

シリコンバレーのベンチャーブームに変化、テーマは新型コロナから「若返り」へ=二村晶子

    健康寿命を10年延ばすことが我々の使命」とうたうレトロ・バイオサイエンシズ社のホームページ
    健康寿命を10年延ばすことが我々の使命」とうたうレトロ・バイオサイエンシズ社のホームページ

    シリコンバレー 生命科学の潮流は“若返り”=二村晶子

     新型コロナウイルスのワクチンなどの開発一辺倒だったシリコンバレーの潮流が急速に変わり、ライフサイエンス(生命科学)分野の一つである「アンチエイジング(若返り)」にブームが起こり始めている。その中でも勢いがあるのが、サンフランシスコに拠点を置くレトロ・バイオサイエンシズ社だ。

     同社は、加齢性疾患の原因とみられる老化を引き起こす細胞の研究から、疾患を抑える治療薬を作ることを目指している。今年4月には1億8000万ドル(約231億円)の資金調達も行った。最高経営責任者(CEO)のジョー・ベッツ=ラクロワ氏は、科学者でありながら起業家としても知られており、2000年にOQOという会社を立ち上げ、現在のタブレットに近い世界最小サイズのコンピューターを開発した実績などを持つ。

    残り184文字(全文547文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事