国際・政治ワールドウオッチ

コロナで「一段と増した」重要性、スウェーデンの社会保険制度=綿貫朋子

    コロナ禍では無休待機日も所得が保証された(ストックホルム) Bloomberg
    コロナ禍では無休待機日も所得が保証された(ストックホルム) Bloomberg

    スウェーデン 高まる社会保険の重要性=綿貫朋子

     スウェーデン社会保険庁は3月31日、病欠時の所得補償といった社会保険制度が、新型コロナウイルス禍でどのように利用されてきたかをまとめた報告書を発表した。「スウェーデンの社会保険制度の重要性が一段と増した」と分析している。

     スウェーデンではコロナ感染者や感染疑いのある人が経済的な理由で出勤し、職場で感染を広げるリスクを減らすため、社会保険制度の一時的な変更を数回行った。例えば、通常は無給…

    残り327文字(全文545文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事