週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

1973年の軌跡をなぞる米インフレ率=市岡繁男

 筆者は2022年4月19日号の当コラムで、 大手米銀の債券含み損率は自己資本の4%に達していると書いた。出所は3月18日時点のFRB(米連邦準備制度理事会)データで、その時の米10年債利回りは2・2%だった。それが今(4月28日)では10年債は2・8%に上昇し、米10年債先物価格は40日前より5%も下落した。FRBは3月末で含み損データの公表をやめたので、大手米銀が抱える直近の含み損率は不明だ。だが08年金融危機前夜の水準に近づいていることは確かだ。

 FRB自身が抱える含み損も相当なものだ。FRBは20年3月のコロナ禍の蔓延(まんえん)以降、22年4月15日までに米国債を3・5兆ドル(約450兆円)も買った(図1)。だが、その過程で10年債先物価格は15%も下落している。つまりFRBはこの2年間に購入した国債で、数千億ドル相当の損失を抱えた計算となる。

残り211文字(全文593文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事